色校正用PDFの作成

ネットワークの普及とともに、PDFファイルを文字校正用として用いるケースが増えてきた。 カラーマネージメントされた環境で作成されたPDFは、色校正として使うことも可能だ。 ここではInDesign CS3を使ったデザイン・制作工程における色校正用PDFの作成手順を解説する。

色の修正やCMYK変換は、本来なら製版工程に任せ、デザイン・制作の段階では色に関することはノータッチで済ませるワークフローが実現できれば理想的だ。 現実的には、デザイン・制作の段階で完全データを作成して入稿するケースも多い。 近い将来はそれが当たり前になっていくだろうが、その際の色校正は、やはりカラーマネージメントされた環境下でPDFを作成し、それをカラープリンタで出力したもので行うのが理想的だ。

色校正用PDFを作成する方法は2つある。 ひとつはアプリケーションからプリンタドライバを介してPSファイルを書き出して、Acrobat DistillerでPDFを作成する方法。 もうひとつはアプリケーションから直接PDFを書き出す方法だ。 どちらが簡単かといえば、これは明らかに後者だ。

InDesignは登場時から直接PDFを書き出す機能を持っているので、わざわざDistilerを使う必要がなくなった。 QuarkXPress 6以降も直接PDFを書き出すことが可能になっているので、今後はアプリケーションから直接書き出す方法が主流になっていくだろう。

このように簡単かつ手軽になったPDF作成だが、書き出し時の設定や手順を間違えると、正しい色を維持できなくなり、色校正には使えなくなってしまうことがあるので注意が必要だ。


⬅️ ホームページ