本格的な大判出力を低価格&短納期で実現するなら

特集

フォトショとイラレでやってみよう!

フォトショップとイラストレータを使って、取り敢えず大判出力用データを作ってみましょう。 できるだけシンプルに、ステップバイステップで手順に沿って、ゼロから作成していきます。

アイコン

新規ドキュメントの作成

写真、見出し、講座名、塾名、キャッチコピー、ラベルを入れて、ポスター用データを作成していきます。 ここで作成するドキュメントは、入稿用データの基となります。

12文字と円の色を変えましょう

入力した全ての文字と作成した円を、適当な色に変えていきます。 見出しを群青、講座名を青、塾名を青、ラベル文字を赤、ラベル円の塗りを「なし」にし、線を赤に変更しましょう。 まず、ツールボックスから「選択ツール」を選んでください。

選択ツール

まずは塾名をクリックして選択した状態にしてください。

塾名を選択

カラーパネルで、塗り「C100%+M50%」に変更します。

塗り/C100%+M50%

次に同様の方法で、「講座名」の塗りを同じ青色に変更します。 続けて、見出しの塗りを「C90%+M100%」に、ラベル文字を「C10%+M100%+Y100%」の赤に変更してください。

すべて色を変更後

次はラベルの円の塗りを透明に、線を赤に変更します。 まず「選択」ツールでラベル円を選択し、カラーパネルで、塗りを「なし」に変更してください。

塗り/なし

次にカラーパネルの「線」をクリックして選択し、「C10%+M100%+Y100%」に変更してください。

線/C10%+M100%+100%

ラベル円は以下の様になりました。 尚、次のステップでラベル円の線の太さを変更しますので、選択はまだ解除しないでください。

線の着色後

以上で、文字と円の色が変更されましたので、次のステップに進みます。