本格的な大判出力を低価格&短納期で実現するなら

特集

フォトショとイラレでやってみよう!

フォトショップとイラストレータを使って、取り敢えず大判出力用データを作ってみましょう。 できるだけシンプルに、ステップバイステップで手順に沿って、ゼロから作成していきます。

アイコン

新規ドキュメントの作成

写真、見出し、講座名、塾名、キャッチコピー、ラベルを入れて、ポスター用データを作成していきます。 ここで作成するドキュメントは、入稿用データの基となります。

11文字と円を移動しましょう

入力した全ての文字と作成した円を、適切な位置へ移動しています。 単純に、移動ツールでドラッグした方法で、それぞれ移動しましょう。 まず、ツールボックスから「選択ツール」を選んでください。

選択ツール

まずは塾名から。 塾名をクリックしたまま、ドキュメントの幅中央にドラッグして移動します。

塾名移動中

大まかな位置が決まったら、マウスから指を離して確定します。 そのまま、キーボードの矢印キー(↑→↓←)で微調整し、さらに最適な位置へ移動してください。

塾名移動後

その他の見出し、講座名、ラベル円、ラベル文字、キャッチコピーについても、同様の方法で移動しながら、位置を決めていきます。

すべて移動完了

以上で、すべてのテキストとラベルの移動が完了しましたので、次のステップに進みます。