本格的な大判出力を低価格&短納期で実現するなら

特集

フォトショとイラレでやってみよう!

フォトショップとイラストレータを使って、取り敢えず大判出力用データを作ってみましょう。 できるだけシンプルに、ステップバイステップで手順に沿って、ゼロから作成していきます。

アイコン

新規ドキュメントの作成

写真、見出し、講座名、塾名、キャッチコピー、ラベルを入れて、ポスター用データを作成していきます。 ここで作成するドキュメントは、入稿用データの基となります。

2画像を配置しましょう

フォトショップで調整した画像「中学生.psd」をイラストレータ側に配置します。 データ入稿の際、画像の添付忘れを防ぐため、画像を埋め込む形で配置してみます。 まず、メニューから「ファイル/配置」を選んでください。

配置

配置ダイアログボックスで、まず「リンク」のチェックを外します。 続けて、デスクトップの「ポスターフォルダー」内にある、「中学生.psd」をクリックし、選択してください。 画像を選択したら、「配置」ボタンを押してください。

配置ダイアログボックス

マウスカーソルをドキュメント左端に併せ、「交差」と表示されたら、そこでクリックします。

交差

ドキュメント左上を原点とし、画像が配置されました。

配置完了

以上で、ドキュメントに埋め込み形式で画像が配置されましたので、次のステップに進みます。