本格的な大判出力を低価格&短納期で実現するなら

最適な解像度とは

仕上がりを大きく左右する画像解像度。低過ぎず高過ぎない、適度な解像度について考えてみます。

アイコン

画像解像度と出力品質の簡単な関係

画像解像度が高くになるにつれ、出力品質は高くなります。 単純にシミュレーションすると、以下の通り大きく出力結果が異なります。

高解像度 低解像度

画像を比較して…

上の2枚の画像を比較すると、明らかに高解像度の方が品質が高いことがお分かりいただけると思います。 低解像度の方は、ノイズが混じり、エッジがぼやけており、階調性に乏しいため、どこの印刷業者や出力業者でも口を揃えて高解像度のメリットが主張されます。

印刷機での一般的な画像解像度

製版を必要とする、いわゆる印刷機による出力では、一般的に350ppiの画像解像度が推奨されています。 これは、カラー印刷におけるスクリーン線数が175線を用いることが多く、この2倍の解像度となる350ppiで画像を作成することに基づきます。 線数の値が小さいと網点が目立ってしまい、高品位な出力が得られにくくなってしまいます。

大判プリンタの場合

大判プリンタでは、一般的なプリンタ同様に、製版の必要がありません。 したがってスクリーン線数を考慮する必要がないため、350ppiもの解像度は必要ありません。

最高でも300ppi

300ppiより大きい画像解像度を適用しても、目視において品質に違いはありません。 これは、プリンタのインク吐出サイズ及び着弾サイズが関係します。 例え仮に1200ppiの画像を出力しても、インクの最小ドットサイズは一定ですので、300ppiと見た目は変わらないという結果になります。

用途で解像度をコントロール

また、出力する用途により画像解像度をコントロールすることを推奨します。 例えばバナーや大型看板など遠目に見る案件では、300ppiでは作業性が悪く気が遠くなってしまいますし、一般的なスペックのパソコンでは実現が困難です。 したがって作品出力では高解像度、大判ポスターでは中解像度、大型出力では低解像度といった様に、用途や案件により解像度を使い分けることが理想的です。

低解像度は問題ないのか

このページ上部の、2枚の解像度比較画像を見た際、『やはり低解像度は遠慮したい』と思われた方もいらっしゃると思います。 では改めて、2メートルくらい離れて2枚の画像をもう1度見ていただくといかがでしょうか? ご覧の通り、離れて見る大型出力では、低解像度の画像でも十分な仕上がりが得られます。

高解像度 低解像度

それでは続けて、推奨解像度早見表のページで、大まかな用途と当店が推奨する画像解像度をご覧ください。


関連リンク