本格的な大判出力を低価格&短納期で実現するなら

FFFTP設定例

Windowsにて無料で使用可能な、FFFTPでの設定例です。 FTP入稿に必要な情報は、出力ご予約後、原則として当営業日または翌営業日内にお客様専用のアカウントを作成し、改めてご連絡させていただきます。

アイコン

基本

ご入稿用サーバにログインするための基本的な情報を設定します。

基本
ホストの設定名
MIKSIGN入稿用サーバ
ホストの設定名
210.146.57.246
ユーザー名
メールでお知らせします
パスワード/パスフレーズ
メールでお知らせします
ローカルの初期フォルダ
任意で設定してください
ホストの初期フォルダ
空白

拡張

ファイルのアップロード時、問題が生じた際に設定を変更します。

拡張
Firewallを使う
ご利用の環境に併せて設定
ホストのタイムゾーン
GMT+9:00(日本)
PASVモードを使う
通常はチェックを入れます
フォルダ同時移動を使う
オフ
セキュリティ
自動認識
ポート番号
21
アカウント
空白
接続時にホストに送るコマンド
空白

ファイルアップロードが途中で中断を繰り返す場合は、PASVモードのオン/オフを切り替え、再接続してお試しください。

文字コード

ファイルのアップロード時、文字化けが生じた際に設定を変更します。

文字コード
ホストの漢字コード
無変換
ファイル名の漢字コード
自動

文字化けが生じる場合は、漢字コードを切り替え、再接続してお試しください。

ダイアルアップ

ブロードバンドを前提とした場合、ダイアルアップの設定は必要ありません。

ダイアルアップ
ダイアルアップで接続する
チェックをはずす
接続する電話帳エントリ
選択なし

ダイアルアップ形式で接続する必要がある場合は、オンラインでの入稿に適していません。 この場合は、データメディア入稿をご検討ください。

高度

原則として高度の設定はデフォルトのままとしてください。

高度
LISTコマンドでファイル一覧を取得
チェックを入れる
可能であればMLSDコマンドで一覧を取得
チェックを入れる
フルパスでファイルをアクセスしない
チェックをはずす
属性変更コマンド
SITE CHMOD
ホストの種類
自動認識
NLSTファイル名/オプション
-alL

暗号化

原則として暗号化の設定はデフォルトのままとしてください。

暗号化
暗号化なしで接続を許可
チェックを入れる
FTPS(Explicit)で接続
チェックを入れる
FTPS(Implicit)で接続
チェックをはずす

特殊機能

原則として特殊機能の設定はデフォルトのままとしてください。

特殊機能
最大同時接続数
1
メインウィンドウのソケットを再利用
チェックを入れる
接続維持用コマンド周期
60
転送エラー時の処理
毎回尋ねる
転送エラー後に再接続
任意で設定