本格的な大判出力を低価格&短納期で実現するなら

基本的なデータ作成ルール

アドビフォトショップを使用する際の基本的なルールをご説明します。 ハウスルールとなりますが、安全かつ高品質な出力を得るためにお読みください。

※Adobe Photoshop CC (2015)を例に説明しております。

アイコン

レイヤー(配置用透明レイヤー)

イラストレータドキュメントに配置する場合、背景は透明でも構いません。 この場合は、表示レイヤーを結合し、非表示レイヤーは削除してください。

表示レイヤーを結合

透明レイヤーを1枚のレイヤーにまとめる場合、「レイヤー/表示レイヤーを結合」で統合することができます。 尚、背景レイヤーや非表示レイヤーがある場合は、該当のレイヤーを「レイヤーを削除」であらかじめ削除しておいてください。

レイヤー/表示レイヤーを統合 2人の幼児(透明レイヤー)

透明レイヤーを含む画像の保存

ファイルフォーマットは、「Photoshop(PSD)」形式を推奨致します。 まず、「ファイル/別名で保存」で「名前を付けて保存」ダイアログを表示します。 「名前を付けて保存」ダイアログの「レイヤー」にチェックを入れて保存すると、透明を維持したまま保存が可能です。

ファイル/別名で保存 名前を付けて保存ダイアログ/レイヤーにチェックを入れる