本格的な大判出力を低価格&短納期で実現するなら

対応ファイルフォーマット

当店では、Adobe Photoshopでの作成データにおいて「PSD」「TIFF」「EPS」「JPEG」「PDF/X-4」でのファイルフォーマットに対応しています。 ここでは、各ファイルフォーマットでの設定例を紹介致します。

※Adobe Photoshop CC (2015)を例に説明しております。

アイコン

Photoshop PDF/X-4 (PDF)

PDF/X-4(Portable Document Format / X-4)形式のファイルフォーマットです。 ファイルサイズを軽減したい場合などに推奨致します。 ドキュメントの保存は、メニューから以下の方法で行います。

別名で保存

ドキュメントの保存は、「ファイル/別名で保存」で行います。 レイヤーは保存時に統合されるため、透明背景を維持した画像を保存する場合は、「Photoshop (PSD)」ファイルフォーマットで保存してください。

別名で保存ダイアログ/Photoshop PDF

名前を付けて保存

ファイルの種類で「Photoshop PDF」を選び、「ICCプロファイル」にチェックを入れて「保存」を押してください。

プリセット

プリセット

「PDF/X-4:2008(日本)」を選んでください。

一般

一般

変更する部分はありません。

圧縮

圧縮

変更する部分はありません。

※縮小サイズでデータを作成している場合は、「ダウンサンプルしない」「圧縮なし」を選んでください。

出力

出力

変更する部分はありません。

セキュリティ

セキュリティ

変更する部分はありません。

設定内容

設定内容

変更する部分はありません。