本格的な大判出力を低価格&短納期で実現するなら

重要な注意点

アドビフォトショップは、データの仕上がりがプリントの仕上がりの品質に直結します。 ここでは、品質に重要な影響を与える作業の注意点についてご説明します。

※Adobe Photoshop CC (2015)を例に説明しております。

アイコン

グレースケール

一般的に大判出力では、いわゆる1色刷りではなく、グレースケールの画像であってもCMYKに変換されて出力されるため(※)、そのままでは予想と異なる色味で出力されてしまう可能性が高くなります。 これを防ぐためには、グレースケール画像を予めCMYKカラーに変換すると余分な色転びがなくなります。

グレースケールのまま入稿/モニタとプリントの比較 CMYKに変換のうえ入稿/モニタとプリントの比較

※ブラックインクのみで出力した場合、些細な要因でスジや掠れなどの問題が生じやすくなるため、大判プリンタでは通常CMYKに分解したうえで出力します。

CMYKカラーに変換

画像をグレースケールからCMYKカラーに変換する方法は、非常にシンプルです。 メニューから、「モード/CMYKカラー」を実行するだけで、グレースケールからCMYKカラーに変換できます。 CMYKのカラースペースは、カラー設定で定義されたプロファイルに基づき変換されます。

イメージ/モード/グレースケール→CMYKカラー 警告/OK

カラーモード変換前に警告が表示された場合、「OK」を押して確定してください。